Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る



「SUP(サップ)って、つまらないんじゃない?」
「年が離れていても、一緒に楽しめる?」


こんにちは!人生100年時代を楽しく駆け抜けたい、

アラフィフ現役ワーママの実体験ブログ真昼のワタシ運営者のMoyoです♪


今夏、マリンアクティビティのSUP(サップ)を初体験してきました。

我が家の子供2人は、年が7歳差で、上が活発な男子高校生で、下がインドアタイプの女の子。

いつも、高2息子の釣りを優先すると、、、
小4娘はあまり興味がなく、餌を投げる役目だけで「ママー、つまらない!」

小4娘を優先してお出かけしようとすると、息子は「つまらないから、オレ、行かねー!」

今年の夏は、年の離れた二人をいっぺんに楽しませる方法はないか考えて、SUPに行ってみたのでした。

運動オンチのアラフィフママ(私のこと)も一緒にやってみましたよ!
果たしてその結果は?

\この記事で分かること/

  • SUPってどんなスポーツ?持ち物は?
  • SUPを家族で体験したらどんな反応だった?SUPの魅力は?
  • SUPの体験をしてみるには?

ではまず、SUPを体験して、「つまらない!」という反応はあったのか、結論から説明します。

SUPはつまらない?高2息子と小4娘の反応は?


実際、SUPの体験をしてみたところ、一日の流れはこんな感じ。

  • 午前の部で、3人同時に「立って漕いで楽しめる」ところまで進歩!
  • 午後の部で、それぞれ難易度に合ったボードで、やれるところまでレッスンを受けられた!

つまり、「楽しい~っ!!」と。

半日だけだと「ふぅーん」で終わったかも知れませんが、1日やってみたところ、笑顔ひとしおでしたよ。

「なぁーんだ、ただそれだけ?」
とお思いかもですが(^^;)、、、

だって、我が家の7歳差の兄妹が、同時にこんなに楽しめたのって初めて

もちろん、アラフィフの私もめちゃくちゃ楽しかったです。

そもそも、海の上で立てるのは非日常。

それに、

立てた!
進んだ!
風に押される!
流されてる!?


とか、

座って漕いでみよう!
ボードに寝そべってみよう!
海の生き物の発見!(あ、海の底にウニがいっぱいいる!)

などなど。

ただ砂浜にいるだけでは体験できない、体いっぱいで自然を感じられる、貴重で最高のレジャーとなったのです。

MoyoMoyo

「つまらない!」のセリフがでないって、母の企画大成功!

ツッコミおさるちんツッコミおさるちん

こりゃ、めったにないヒット。


続いて、そもそもSUPについて簡単にご説明しますね。

SUPについてご紹介!

まず、SUPがどんなスポーツなのか、ご説明♪

SUPってどんなスポーツなの?


(手前の3人が私たち母子です♪)

SUPとは、スタンドアップパドルサーフィンの略で、海や湖等で、サーフボードのようなボードに「立って乗る」タイプのマリンスポーツ。

海で、水面に仙人が立ってるみたいな光景・・・それです(笑)

百聞は一見に如かず。乗り方を簡単に説明されている動画がありましたので、よかったら見てみてくださいね【1分40秒】


ハワイが発祥で、体幹を使って漕ぐので美容にもいいと評判・・。
そんなオシャレな雰囲気が漂うSUPですが、今回私が体験してみて一番の魅力だと思ったことはこちら。

それは、
年齢や体力を問わず楽しめること!

年齢は下は小学校低学年から、上は70歳位までできるそう。

ライフジャケットも貸してもらえるし、足首とボードは専用のコード(紐?)で繋がっているので、泳げなくてもできます。

腕のチカラというより体全体で漕ぐので、腕の筋力に自信がなくても大丈夫。

もし海上でギブアップしても、インストラクターが引っ張ってくれます(笑)
高橋さんは、3人までなら同時に引っ張れると仰っていました。


また、もう一つの魅力を付け加えると、季節を問わずできます!

ウェットスーツ(貸してもらえます)を着れば一年中できるし、逗子では10月頃まで水着でできるとのこと。

MoyoMoyo

空も高く人も少なくて、逗子では10月が一番オススメなんだそうです。


つまり、SUPは年齢体力も問わず、一年中楽しめる、手軽な「非日常体験」なのです。

続いて、必要な準備について、簡単にご説明しますね。

どんな準備が必要?

高2息子と小4娘は、水着のみ(笑)

アラフィフの私の持ち物はこちら。


海で水着になるなんて、「恥ずかしい」とか「日焼けが気になる」とか思っちゃいましたが・・・

この日のために、水着を新調(笑)
長袖とスパッツなので、体型カバーと日焼けブロックが同時にできてGOODでした。


あご紐のついた帽子も購入。

MoyoMoyo

髪と顔を日焼けからブロック!


ツッコミおさるちんツッコミおさるちん

日焼け対策だけは完ぺきだ・・・



日差しから目を守るために、サングラスも持っていきました。

MoyoMoyo

海に落ちても惜しくないような、チープなものです


ツッコミおさるちんツッコミおさるちん

これ1個しか持ってないくせに


海で紛失しないように、即席でメガネコード自作



MoyoMoyo

家にあった白くて長いゴムを、メガネのツルに輪ゴムで結び付けました(笑)


ツッコミおさるちんツッコミおさるちん

家にあった白くて長いゴムって、パ〇〇用のゴムだろ


MoyoMoyo

バ、バレたか


息子は、スマホで撮影するために、防水のスマホケースも買いました!
スクールのインストラクターも撮影してくれますが、自分たちもスマホあれば便利です♪

次に、体験コースに参加したレポをお伝えしますね!

オーシャンズのSUP1日体験コースに参加


まず、SUPのスクールはどうやって探したのかご説明します。

SUPのスクールを探した方法は?

私が探したのは、こちらのアソビューというWebサイトから。
日本最大級のレジャー総合情報サイト

アソビューには、SUPだけでなく様々な「遊び」が網羅されていて、何しろ口コミ評価が分かりやすくておススメです。


アソビューで検索すると、我が家は神奈川県なので・・・
電車で行ける、家から近めの海ということで、逗子・鎌倉・江の島あたりから選択。

多くのSUP教室が半日(2時間または3時間)程度なのに、こちらのオーシャンズでは1日コースがあり。
割引もあって、「半日よりずっとお得だね!」と1日コースを選んだのでした。

MoyoMoyo

割引後の値段は、一人7,800円位でした


後から分かったことですが、逗子は、湾がコンパクトなので、大きな波が入りにくいとのこと。

MoyoMoyo

大きい波がないということは、初心者には比較的行いやすい環境かと思います。


次に、体験コースの内容を見てみましょう。

逗子のSUPスクールオーシャンズの1日体験コースの流れ

午前の部(2時間半)で行ったこと

1日体験コースは、午前と午後に分かれていました。

午前の部は、朝9時30分から12時まで。

インストラクター1人に、我が家を含めて8人位の体験者がいました。
私たちを教えてくれたのは、こちらの高橋亮さんです♪


優しく、丁寧に教えてくれましたよ(^-^)

まず、逗子海岸の砂浜で、準備体操をしたあとレクチャー。

  • パドルの持ち方
  • パドルの漕ぎ方
  • 立ちあがり方
  • 水に落ちるときの落ち方

等を優しく丁寧に教えていただきました。

そのあと、いよいよ1人ずつボードを持って海へ!

小4(身長小さめ122cm)の娘はボードを持てないので、高橋さんが運んでくださいました。


早速、ボードに座って漕ぎ出します。
教わった通りに、我が家3人とも難なくクリアー。


慣れてきたら立ち上がる
1・2・3!
とスックと立ち上がって、これも難なくクリアー!

MoyoMoyo

わー立てた~!


高橋さんが、逐一風向きを読んで教えてくれます。

例えば、「あの島を目指して進みましょう!今、南西から吹いているから、右を多く漕ぐ流されにくいですよ!」等。

高橋さんは、みんなの飲み物をクーラーボックスに入れてボードに載せていてくれて・・・
時々「休憩~!」と飲み物を配ってくれます。
みんな、漕ぐのを止めて水分補給♪

MoyoMoyo

海の上で飲み物飲むなんて、気持ちいい!



休憩タイムが終わるとまた漕ぎだして・・・
「今度はあっちの山を目指しましょう」
なんて、みんなで同じ方向に漕いでいきます。

MoyoMoyo

ちょっと漕いだだけで、けっこう進みます。
気が付くと、陸が遠くに。


ここから、ちょっとした事件が!?
(しばらく、実況中継調にお伝えしますね(^^;)

そろそろ時間なので、砂浜の方に戻る号令がかかったのですが・・・・

その頃、私はバランスを崩してドッポン!

MoyoMoyo

わははー、やっちゃった


と笑って、またボードによじ登り。

そんなこんなで、落ちている間にみんなから遅れてしまい。
私も焦って漕ぎだすものの・・・

あれっ、なぜかバランスが取れない。

また、ドッポン!

あー、また落ちちゃった。もう一度ボードに登って、立ってみるが・・・
今度は漕いでも進まないし、ボード回転してしまう!!

MoyoMoyo

えーーーー
みんなが遠くなっちゃった(;´Д`)


焦り・・・

またドッポン。

そんなことを繰り返しているうちに、遠くから高橋さんの声が。

「ボードの前後が逆でーす」

MoyoMoyo

なぬー!立つ向きが逆だったので、進まないわけだ(^^;


でも、何度も落ちているうちにヘトヘトに。

高橋さんが救援に来てくれて、砂浜までけん引してくれました。

どうやら、最初に私のミニ遭難(!?)に気づいたのは、小4の娘だったそう。

長女ちゃん長女ちゃん

あれ?ママがいない


そこで、息子も遠くで1人で回っている私を発見して、高橋さんに通報(?)してくれたそうです。

娘ったら、高橋さんに引かれて戻ってきた私に冷たく一言。

長女ちゃん長女ちゃん

ママ、最初のボードの前後の説明、聞いてなかったの?


そんなの常識でしょ、位の勢いで話してくる娘。

MoyoMoyo

言われて当然(^^;
一緒にレクチャー受けたのに、小4より分かってない自分が情けない・・・(笑)


ツッコミおさるちんツッコミおさるちん

説明聞いた時は分かっていたんだけど、焦ると頭から抜け落ちるんだよな(^^;
これ、年々増えてる現象だぞ


そんなこんなで、午前の部が終了。

娘も息子も、1回位落ちたようですが、私がダントツで落ちてました(笑)

落ちるときは怖そう!と思いましたが、、、
ダイブする気持ちで遠めに、また、ボードの横に落ちるようにしたら怖くありませんでした。

MoyoMoyo

気を付けて落ちないと、ボードで顔を打つこともあるため注意!


次に、午後の部についてお話します。あと少しだけお付き合いください。

午後の部で行ったこと


各自お昼を食べた後、14時に浜辺で集合して、もう一度海へ。

今度は、逗子湾を出て、小浜海岸という少し裏手にある小さな海岸まで行きました。

今回は前回の初心者用の大きめのボードではなく、少し小さめのボードが配られて。
先も少しとがっている、サーフィンもできるSUPボードです。

MoyoMoyo

SUPは、波があれば、サーフィンみたいに波乗りもできるんですねぇ。


サーフ型のボードの乗り方のコツ、回り方、体重のかけ方等を丁寧に教えていただきました。

足も、波乗りみたいに足を前後にずらして乗ることもできます。

高2の息子は、特に細くて難しそうなボードにチャレンジしていました。

MoyoMoyo

午前の私よりも、よく落ちていたけど、楽しそう(笑)


小4の娘は、無理をせずに、時々座りながらSUPを楽しんでいて。
「あ、ウニがいるー」
とか、
「この黒い魚の集まりは何!?」
とか。
*黒い魚の集まりはゴンズイという魚でした。

私は、午前に疲れすぎたので、サーフィンの乗り方はほどほどに、安定を第一に進んでました(笑)

午後の部では、高橋さんの他に、二人のインストラクターが付き添ってくださって。
50代位に見える女性のインストラクターは、
「SUPやってるとインナーマッスル使うわよー」
と健康そのもの。

高橋さんも、二人の他のインストラクターも、海での仕事を心から楽しんでいる様子。

MoyoMoyo

満員電車に揺られている私とは大違いの毎日。

何だか自由でステキだなぁ、と眩しく感じました。


2時間半のSUPでの移動を楽しんだ後、陸に上がると・・・
私の足は、鉛の靴でも履いているみたい!

息子と娘は、さすがに若く、普通に歩いていましたが、私はヘトヘト(^^;

MoyoMoyo

合計5時間もインナーマッスル使い続けたのは、効いた~


では、全国のSUPスクールが予約できるアソビューと、今回参加したオーシャンズについて、情報をまとめてみます。

まとめ

この記事でお伝えしたことをまとめます!

★共通の遊びがない高2息子と小4娘とアラフィフママが3人で行ったら?

⇒「つまらない!」という言葉はなく、それぞれが楽しく体験できました!
 SUPの最大の魅力は、年齢や体力を問わずに楽しめることだと強く思う私でした。


★予約は全国のSUPスクールが予約できる便利サイト「アソビュー」で!
スクールごとの評価利用者のコメントが出ていて、検討しやすいです!
日本最大級のレジャー総合情報サイト



★逗子ならSUPスクール「OCEANS」がおすすめ!

SUP初心者だけでなく、上達コース、SUPヨガ、SUPボードのレンタル等も行っています(^-^)

住所:〒249-0007神奈川県逗子市新宿1-5-4

*JR逗子駅から徒歩20分位でした。

*とてもキレイな建物で、シャワー、ドライヤー、ロッカー完備。

*優しく丁寧に教えていただける、温かみのあるスクールでおススメです♪




以上、『SUPはつまらない?共通の遊びがない高2息子と小4娘が体験したレポ』でした!

MoyoMoyo

SUPはいつでもどこでも誰とでも楽しめるスポーツです。

ぜひ、チェックしてみてください♪



人生100年現役の野望を持つ「真昼のワタシ」のLINEを始めました!
新着情報、ブログでは話せないエピソード等をお届けします♪
友だち追加
↑友だち登録はこちらから、お気軽にどうぞ(^-^)



人生100年を現役で過ごす野望を持つ、「真昼のワタシ」運営者のアラフィフ現役ワーママMoyoってどんな人?
Moyoのプロフィールはこちら♪