Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る





はじめまして!
アラフィフ現役ワーママのワクワク実体験ブログ「真昼のワタシ」運営者のMoyoです(^-^)


私は、神奈川県在住、都内勤務のワーキングマザーです。私の最大の理解者である夫と可愛い2人の子供と、4人で暮らしています。
簡単に自己紹介させていただきますね。

Moyoの自己紹介
  • 家族:エンジニアの夫、釣りをこよなく愛する高校生の長男、素直でお茶目な小学生の長女
  •  
  • 住んでいる所:神奈川県
  •  
  • :夫の両親は健在。私の父は病気により要介護5で在宅介護中。私の母は認知症で施設に滞在中。
  •  
  • 勤務先:都内の金融機関。2回の産休・育休を経てやっとこさ勤めてきました。ふぅ。
  •  
  • 習い事きくち体操
    (記事でもご紹介しています!)
  •  
  • 特技・長年ハマったこと等
    自称中国通(中国語検定準1級)、弓道(二段)、華道、茶道、フォークギター、ベース



  • 家族と共に人生100年現役!(壮大だな~(^^;)

  • 人生100年の相棒きくち体操ウォーターオーブンヘルシオホットクック床拭きロボットブラーバマザーハウスのヨゾラ老眼鏡、歯列矯正
    (他にも続々・・・(笑) 記事でご紹介していきます!)

「真昼のワタシ」にお越しいただいたうえ、プロフィールにまで足を運んでいただき感謝感激です。ありがとうございます♪




せっかくですので、私のことをもう少し知ってもらえたらありがたく・・・。

私が、ブログ「真昼のワタシ」を運営しながら、心に秘めてきたことをお手紙としてまとめます。

とっても大事な話なので、ぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

真昼のワタシからのお手紙

まず、「真昼」という言葉について、用語説明から(笑)

私が「真昼」を名乗るようになったのは、、、

  • アラフィフになって、人生の終わりが近いかと思っていた
  •  ↓
  • ライフシフトという本に出会い、実は人生100年時代、100年生きる前提で、新たな生き方を模索すべしと学んだ
  •  ↓
  • アラフィフを時計になぞらえると「真昼」!人生これから!


という流れからです。(^-^)

寿命の平均が100年ですから、人によっては120年生きたりもする。
だから、アラフィフでも、アラカンでも、人生これからと思う人はみんな「真昼」だと思っています。

私自身、図々しくも、この先ずっと真昼だと思っております(笑)


次に、私が目指している理想の世界について語っちゃいますね。

真昼のワタシが目指す「理想の世界」とは?


人生100年の話をすると、
「そこまで長生きしたくない」
という人がけっこういます。

まるで、70歳以降は余生で、旅行でも楽しんで、後はおしまい。
とでもいうように。

でも、今は「なかなか死ねない時代」なのです。
余生を楽しんでいたつもりでも、その先がぐっと長い。

確かに、100年生きていても、病院でチューブに繋がれて天井を見て1日を過ごす人生なら、「長生きしたくない」と思うでしょう。

でも、「真昼」の今から準備する意識があれば、全く違う道を歩むことができるんです。

準備って何かというと・・・
この先の道には、体力が衰えて、いろんな問題がカラクリ人形のように出てくるはずだけど・・・

  • 防いで備えて攻めていく。

  • 起きうることや対処法についての知識を増やし、行動していく。

  • 弱気になることもあるけど、仲間繋がって進む。

  • 老後リテラシーが高い人になって、急に何かが起きても焦らず対処できるようになる。


その結果、

  • 社会制度に頼り切るのではなく、健康と自由なお金を持ち、社会との繋がりを持ち続けるキラキラシニアへ

  • 不測の事態により介護のお世話になったり、障がいと生きることになっても、「自分らしさ」を発揮して幸せを感じられる

  • 年をとってもオシャレで、遠慮なくチャレンジができて、個性をアピールできる

というような、、、
「長生きしてよかった」と思える、明るい未来が待っていると思うのです。


私は、そんな明るい未来を目指していくにあたり・・・
「生涯現役」がカギだと思っています。
長生きの時代には、「健康」「お金」「人との繋がり」が不可欠。

    健康
  • 体を長持ちさせること。不調が起きても自分で治せること。

  • お金
  • 自分らしく暮らせるだけのお金を絶やさないこと。年金だけでなく、足りない分は、自分で生み出し続けること。

  • 人との繋がり
  • 家族はもちろんのこと、「こういう人だ」と分かって認めてくれる人たちが周りにいるということ。


自分が「好きな仕事」を「雇い止めにあうことなく」続けながら、「身体のメンテ」もしつつ、「社会の役に立つ」。
その中で、励ましあい、支えあいができる人たちと繋がっていく。

つまり、
「消費者よりも生産者

「乾電池よりも自家発電

「昔の友達に加えて、世代や地域を超えた新たな仲間が増える」

そんな、未来適応型の長生きができれば、どんなにいいでしょう。

次に、実はそれを阻むワナ(!?)が目の前に横たわっていることをお話します。

「長生きしたくない人生」の入り口には飴が吊るされてる!?


実際の今の世の中を見渡すと・・・
未来適応型の道と異なる、「気づかないうちに下がり続ける人生」が当たり前のように広がっています。
それは、気づかないうちに長~~~いスロープをおりるよう。

日々の落差は気が付かないほど小さいけど、下がり続けると戻れないほどの差がついてしまうんです。

例えば、世の中に「はびこっている」のはこんな考え方。


  • 人生後半は下り坂でしかないという固定観念
  • 年を取ると誰かが介護してくれる、面倒を見てもらえるだろうという幻想
  • 将来は弱っていく一方で、対策はないという思い込み