Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る





「ホットクックのブレイズ(蒸し煮)って簡単で美味しいって本当?」


こんにちは!ウォーターオーブンヘルシオとヘルシオホットクックを愛用するアラフィフの現役ワーママ、「真昼のワタシ」運営者のMoyoです(*^-^*)

ホットクックを買っておうちごはんをラクして美味しく作れるようになった私が、何度もリピートしているおススメ料理をご紹介します。

 

ちなみに、ホットクックが共働きの我が家に役立っている記事はこちら。

関連記事

ホットクックは共働きの必須家電!3ヶ月愛用した感想と定番料理は?

 

 

今回ご紹介するホットクックのおすすめ料理はブレイズ(蒸し煮)です!

ブレイズとは、蒸し煮のことで、簡単に言うと「少しの水分で蒸しながら加熱する」というもの。

野菜の水分だけで蒸すので、野菜の旨味がたっぷりです。
野菜があまり好きでない娘もパクパク食べてくれますよ~!

更に、作り方がシンプルなので「レシピを覚えなくていい」という素晴らしさ。
調理のステップは・・・

  1. 材料を内鍋に入れる!
  2. 計量し、塩とオリーブオイルを回しかける!
  3. ホットクックにセットしてボタン押すだけ!。

ホットクックが調理する時間は、25分ほど。準備にかける時間は約7分です。
準備の7分は、野菜を洗って切る時間だけ!
楽ちんなのに美味しく栄養たっぷりなんて、共働きで毎日バタバタの我が家にはありがたい~(^-^)

MoyoMoyo

この記事では、豚バラ肉を加えたアレンジバージョンや、おススメのオリーブオイルもお伝えしますのでお楽しみに♪


では早速、材料を見てみましょう!



 

 

ホットクックのレシピおすすめ!ブレイズ(蒸し煮)の材料

ホットクックで作るブレイズの材料は下記の通りです。

<材料>
野菜、キノコ等 好きなだけ
塩 総重量の0.6%~0.7%
オリーブオイル お好みの量

ちなみに、今回私が使った材料はこちらです。

  • パプリカ(赤、黄)
  • ピーマン
  • マッシュルーム
  • まいたけ
  • しめじ
  • ズッキーニ

この他に、エリンギ、ナス、セロリ、油揚げ等、時々材料を変えて作っています。
入れる野菜は、

  • 煮崩れしないもの
  • くたっとなりすぎないもの

であれば、見た目も味もバッチリです。

豚バラ肉を加えてアレンジすると、またコクが出て美味しいんです。
その場合は、材料に豚バラ肉を加えるだけでOKですよ~(^-^)

続いて、作り方を写真付きでご説明しますね。

ホットクックのレシピおすすめ!ブレイズ(蒸し煮)の作り方

    1. 野菜を用意する
      こーんなに沢山使っちゃいますよ!フライパンでは一気に作れないほどの量です(^^♪



    1. 野菜を切って内鍋に入れ、オリーブオイルを回しかけ、計量する



    1. 総重量の0.6%~0.7%の塩を入れる


総重量に対して0.6%~0.7%の塩分が話は、ホットクック第一人者の勝間和代さんの本から教わりました。
0.6%は薄味に慣れている場合で、慣れていない場合は0.7%位が美味しいようです。
もちろん、塩を目分量で加えてもいいのですが、我が家では、計量したら味のブレがなくなって、家族からの料理の評価も高くなりましたよ(笑)

ちなみに、今回は0.6%に調味したので、電卓を使えばこんな計算式になります。

★電卓を使った計算式
内鍋を含めた総重量は、1845g

内鍋の重量を引くと、1845g―888g=957g(我が家の内鍋は888gなので、ぞろ目で覚えやすい(笑))

塩の量を計算すると、957×0.006=5.7

うーん、かなり計算が面倒な気がしますよね。
今回の場合、実は電卓を使わなくても簡単に計算できました。
内鍋の重量は888gと覚えているので、ざっくりと、下記の感じです。

★電卓を使わずざっくり計算!
材料の重さは、総重量―内鍋の重さ=ほぼ1000g

1000gの0.6%⇒6g

電卓を使って計算すると、0.6%だと5.7g。
0.7%の場合は6.7gなので、ざっくり計算した方も美味しい塩分量の幅に入っていますね。
※この辺、あまり神経質にならないのが「続けるコツ」な気がします(笑)


    1. ホットクックを操作。
      メニューを選ぶ

      手動

      炒める(まぜる)

      5分にセット
      ※セロリ等シャキッとした歯ごたえを残したい場合は、3分~4分にするといいです。

      スタートボタンを押す!

  1. 後はホットクックに任せて出来上がり!


ちなみに、セットした5分は「加熱後の時間」。スタートボタンを押してからは25分位かかります!

フライパンで作った方が早いんじゃない!?

と思うかも知れませんが、セットしたらその場から離れられるので、時間を有効活用できますよ。

ちなみに、豚バラ肉を入れたアレンジバージョンはこちら。
ホットクックに豚バラ肉も加えてセット。(セロリが入っているので加熱時間は3分にしました)

出来上がりはこんな感じです。うーん、いい香り!

お皿に盛るとこんな感じです♪

 

次に、ブレイズ(蒸し煮)の作り方のコツをご紹介します。

 

ホットクックのレシピおすすめ!ブレイズ(蒸し煮)のコツとは?

ブレイズは、野菜とオリーブオイルと塩だけのシンプルな料理。
オリーブオイル「美味しいもの」を使うと断然違います。

オリーブオイル

ホットクックの第一人者である勝間和代さんのおススメは、著書によると、「エグレヒオ」ですね。
でも、オリーブオイルの「エグレヒオ」は、ちょっといいお値段なので、育ち盛りの子供がいる我が家は手が出にくい・・・(;^ω^)

という訳で、今のところ私は、スーパーで売ってる美味しそうなオリーブオイルを使っています。

ちなみに私がリピートしているのは、こちらの「セレブレ」という製品。ネットでも売っているようです。

セレブレ 有機エキストラ・バージンオリーブオイル 250ml
created by Rinker

いずれにしても、フルーティーな香りがする品質がいいオリーブオイルを選ぶのをお勧めします!

私もいつか、「エグレヒオ」を買ってみたい・・・。
チャレンジできたらレポしますね♪(いつになるやらですが(^^;)
(「エグレヒオ」はオリーブジャパンという品評会で最優秀賞を受賞している、品質に定評があるオイルです。美味しいんだろうなぁ~)

塩は、沖縄の海塩「ぬちまーす」がイチオシです!

「ぬちまーす」は、特許製法で、美しい沖縄の海水からミネラルを残して塩にした製品。
ミネラルの含有量は世界一!ギネスにも登録されたんですよ。
私は沖縄の「ぬちまーす」の海と工場を見学したこともあり、とっても信頼して使わせてもらっています。(^-^)

ぬちまーすの工場の写真です♪あ、うちの息子も写ってる(笑)

ぬちまーすが採れる海は、こちら!
一生忘れられないほどの、吸い込まれるような美しい海( ^ω^)・・・

MoyoMoyo

ぬちまーすは、絶景の海と信頼できる工場から生まれた、おススメの塩です♪


最後にまとめてみます!

 

まとめ

ホットクックで作る「ブレイズ(蒸し煮)」は、簡単で野菜たっぷりのおススメメニューです♪


  • ブレイズ(蒸し煮)は、野菜を切って塩とオリーブオイルを入れるだけ!ホットクックで簡単に作れておススメ!レシピを見なくても作れちゃう♪

  • 野菜の旨味たっぷりだから、余計な調味料がなくても美味しい!総重量に対して0.6~0.7%の塩を加えれば味付けは完璧

  • シンプルな料理だから、「塩」と「オリーブオイル」は美味しいものを使うと引き立つ!

  • 豚バラ肉を加えたアレンジバージョンも美味しい!

ちなみに、我が家で使っているホットクックはこちらです。


MoyoMoyo

野菜があまり好きではない小学生の長女も、「これ、何だか美味しい!」とパクパク食べてくれますよ。(^-^)


ホットクックを愛用する共働きの私が、ホットクックを3か月愛用したレビュー記事はこちらです。
ホットクックのお陰で、鍋専用のシェフが来たような快適感♪ぜひご覧ください。
 
  ▼ ▼ ▼
<関連記事>

ホットクックは共働きの必須家電!3ヶ月愛用した感想と定番料理は?


 

以上、『ホットクックのレシピおすすめ!ブレイズ(蒸し煮)は子供も大好き!』のお話でした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^-^*)

当ブログでは、他の記事でもホットクックを熱~くご紹介しています。
「ホットクックカテゴリ」をご覧ください(^▽^)/

ツイッター始めました
きくち体操や道具たちなど、人生100年のお供について、私が感じたこと等を生々しく(!?)ツイートします。
ブログの更新もお知らせします。ぜひぜひ、フォローをお願いします♪(*^-^*)
https://mobile.twitter.com/Moyo698986131

人生100年を現役で過ごす野望を持つ、「真昼のワタシ」運営者のアラフィフ現役ワーママMoyoってどんな人?
Moyoのプロフィールはこちら♪