【厳選】海外旅行保険どうしてる?知らないと損をするおすすめ技2つ!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る








「海外旅行保険って、どうしてる?」
「安いのに安心できる海外旅行保険の入り方は?」



こんにちは!人生100年現役の野望を持つ、海外旅行が大好きで保険の資格も持っている

アラフィフ現役ワーママの実体験ブログ真昼のワタシ運営者のMoyoです♪




海外旅行の時、保険ってどうしてますか?
私は、家族で中国の山に行ったとき、地震にあって携行品を紛失した苦い経験が。
でも、クレジットカード付帯の保険で保険金を受け取れて、とても助かったんです。


詳しい内容はこちらにまとめています↓
 
<関連記事>
海外旅行保険は地震でおりる?実際に被害にあった私の携行品はいかに
 


そんな私が、一連の経験を経てたどり着いた、「海外旅行保険をどうする?」というお悩みの解決策をお話します。



\この記事を読んでわかること/
    • 海外旅行保険を無料で、かつ、高めの補償で掛ける方法
    • リスクが高めの旅行に行く場合に、補償が不足する分だけ追加で安く掛ける方法


人生100年時代、海外旅行にたくさん行きたいけど、無駄なお金は使いたくない!


そんな希望をかなえるために、この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです。












では、まず始めに、私が行きついたコスパ最強のかけ方とは何か、お話ししましょう。

海外旅行保険どうしてる?私がおススメするコスパ最強の掛け方とは




今回、海外旅行で地震に遭い、クレジットカード付帯の保険金を受け取った私。
もともと、行先は慣れているし、現地に知人もいるので「何とかなるだろう」とばくぜんと安心していました。


でも、海外で命の危険を感じたことで、「海外旅行保険はちゃんと考えて対応すべき」と実感しました。



とはいえ、ツアー会社からおススメされる海外旅行保険は「パッケージプラン」のため「安心レベルの高いプラン」がほとんど。金額もばかになりません。


安心とお財布のバランスを考えて、無駄なく保険を利用したいですよね。




そこで!
私がおススメする「コスパ最強」の海外旅行保険のかけ方はこの2つ。

  1. 海外旅行保険自動付帯クレジットカードを持つ(できれば2枚!)
  2. リスクの度合い(行先、滞在期間、治安等)によって、フリープラン(バラ掛け)の海外旅行保険を追加する(バラ掛けがポイント!)



もよ
もよ
この2つさえ行えば、無料もしくは、お安い金額で、安心できる保険に入れます!



では早速、海外旅行保険自動付帯のクレジットカードからお話ししましょう。

その1:海外旅行保険自動付帯のクレジットカードを持つ!(できれば2枚)

海外旅行保険がついているクレジットカードに入ります。


ここで重要なのは、単に海外旅行保険がついているだけでなく、「自動付帯」であることです。


旅行前に面倒なことを避けるには、「利用付帯」ではなく「自動付帯」が便利。

もよ
もよ
利用付帯だと、掛け忘れるかも。

ツッコミおさるちん
ツッコミおさるちん
おっちょこちょいだからな



補足説明

  • 自動付帯とは、カードに加入しているだけで保険が適用されること
  • 利用付帯とは、旅行代金の一部を払った場合のみ適用されること


    ※「利用付帯」の場合は、その旅行に関係する料金の支払い(ツアー料金や飛行機代・空港までのタクシー代など)にカードを利用していることが条件になります。





  • でも、クレジットカード付帯の場合は「保険金額」の設定が低めなことも事実。

    補足説明

    • 保険金額とは、事故が生じた場合に支払われる保険金の限度額(補償限度額)をいいます。
    • ちなみに保険料とは、契約者が保障を得る対価として支払うお金のこと。



    実際に海外旅行で比較的多いのはこんなケース。
    • 疾病や傷害の治療費用(お腹をこわして病院にかかった等)
    • 携行品損害(カメラを落として壊してしまった等)


    治療費も携行品損害も、1枚のクレジットカードの保険金額で足りることもありますが、不足することもあり得ます。
    そのため、できれば海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード2枚持ちます。


    2枚持つメリットは?


    クレジットカード付帯の海外旅行保険を複数枚で利用する場合は、「傷害死亡」「傷害後遺障害」は複数のクレジットカードの補償金額の最高額が適用されますが、それ以外の補償に関しては金額を合算できるんです。

    もよ
    もよ
    保険金額が増えるため、安心度が増すわけですね。


    では、どんなクレジットカードが自動付帯なんでしょうか?








    おすすめの海外旅行保険自動付帯のクレジットカードとは?

    自動付帯のサービスがあるのは、主にゴールドカード等の年会費がかかるカードです。


    保険のために年会費・・・うーん。
    コスパを考えると、やや本末転倒な気が。

    もよ
    もよ
    固定費は増やしたくないので、年会費を払うのは最低限にしたい。

    ツッコミおさるちん
    ツッコミおさるちん
    人生100年現役を目指すからには、お金は大切にしなきゃ。


    でも大丈夫。
    年会費がずっと無料なのに、海外旅行保険が自動付帯のカードがあります。


    私が、厳選して加入したのは・・・
    デパートのマルイ系のクレジットカードである「エポスカード」。





    他にもいろいろ調べましたが、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯となるカードは、使い勝手も含めるとエポスカードが優秀だと思いました。


    加入時にお得なキャンペーンもよくやっています。
    私は加入時にもらった商品券で、長女におもちゃを買いました(^-^)
    エポスカード


    エポスカードは、旅行が近くなってからでも対応できる点も魅力です。
      • 即日発行ができる
      • カード加入日の翌日以降に日本を出発する旅行が対象となる



    専用のアプリで、支払額もマメにチェックできて、使い勝手も悪くないです(^-^)
    アプリの画面はこんな感じ。親しみやすく、かわいい(笑)




    エポスカード以外の年会費無料かつ海外旅行保険自動付帯のカードは、こんなものがありました。
    私は持っていないので詳しいことは分かりませんが、保険金額はしっかりありそうです。
    レックスカード




    例えば、エポスカードとREXカード(レックスカード)の2枚を持った場合、保険金額は下記の通りとなります。
    補償内容エポスカードレックスカード合計の補償額
    傷害死亡・後遺障害最高500万円最高2,000万円最高2,000万円
    (高い方が適用)
    傷害治療費用200万円200万円400万円
    疾病治療費用270万円200万円470万円
    賠償責任(免責なし)2,000万円2,000万円4,000万円
    救援者費用100万円200万円300万円
    携行品損害(免責3,000円)20万円20万円40万円

    もよ
    もよ
    これだけの補償があれば、リスクのあまり高くない旅行なら安心できそうです。


    そして、エポスカードにはこんな嬉しいことが。

    おまけ情報

    エポスカードを年間ある程度の金額使うと、エポスカードからゴールドカードへの無料招待のインビテーションが届きます。


    基準は非公表ですが、20万使ったら招待が来た人もいれば、50万の人もいるようです。


    つまり、エポスカードにとって優良顧客とみなされれば、その後の年会費が無料でゴールドカードが持てます。


    招待でゴールドカードにすると、家族も永年年会費無料でゴールドカードにできてお得です。



    以下の作戦(?)で、家族で、海外旅行保険の補償額がアップし、旅行時にラウンジも使えるようになるってすごい・・・。

    エポスカードを入手
      ↓
    一定期間使ってみる
      ↓
    招待状が届く
      ↓
    自分も家族もゴールドカード化する



    もよ
    もよ
    私もこれから、エポスカードのゴールドカード化にトライすることに決めました!




    という訳で私は、エポスカードプラス1枚のクレジットカードで、無料で安心を備えることをお勧めします。

    利用付帯のカードでもメインとして使えば掛け忘れがなくて心配なし!?

    なお、「利用付帯」(航空券等を買ってはじめて保険が適用される)であっても、、、


    メインで使うカードなので、必ずこのカードでツアー料金や飛行券代・空港までのタクシー代などを払う!


    という場合は掛け忘れがないため心配ないでしょう。


    クレジットカードは、保険以外にも様々なサービスがありますし、あまり数を増やしたくもないですものね。


    ちなみに、利用付帯でメインとして使えそうな年会費無料のカードは、こちらがよいと思いました。
    楽天カード




    もよ
    もよ
    カードをたくさん持つと管理が大変なので、不要なカードは解約し、必要なカードを絞り込んだ私です。


    ただし、注意点があります。
    クレジットカード付帯の海外旅行保険は、多くのものが90日までの旅行が対象です。
    90日以上の旅行の場合は、適用されませんので、次のパートでご説明するバラ掛けを使うのがおススメです。


    では、さらに補償やサービスを追加したい場合の「バラ掛け」についてお話しします。

    その2:補償がカードで足りない場合はバラ掛けの海外旅行保険を追加




    クレジットカード(できれば2枚)の保険があっても、行先や滞在期間、行うアクティビティや危険度によって、補償やサービスが足りない時もあります。


    例えば、下記のような、リスクが高めの場合。
      • 旅行先の治安が良くない
      • 旅行先の衛生状態が良くない
      • 旅行先の医療費が立て替えしにくいほど高い
      • 旅行期間が90日以上
      • 海や山など、救援や搬送などのコストが高額になる場所に行く
      • 高価なデジタル製品等を持っていく
      • 現地の言葉や習慣をあまり知らない
      • 一人旅である



    そんな場合は、旅行会社がおススメするようなパッケージプランもいいですが、コスパ重視ならフリープラン(=バラ掛け)追加するのがおすすめです。


    バラ掛けの場合、必要な補償だけ、選んで掛けることができます。
    また、クレジットカード付帯の保険と併用もできます。


    バラ掛けする場合、サービスの充実した大手の損害保険会社で掛けるのがよいと思います。


    重視したいポイントは、
      • 治療費を自分で払わなくても現地の病院にかかれること(キャッシュレスサービス)
      • 24時間日本語サポート対応があり、日本語の通じる病院等を案内してくれること


    です。








    空港の保険カウンターでバラ掛けする場合




    各社ごと、少しずつサービスが違いますが、私の場合は、個人的に信頼している東京海上をよく使っています。


    東京海上は、インターネットではセット保険のみ扱っているので、バラ掛けしたい場合は、空港にある保険カウンターで加入するのが便利です。

    もよ
    もよ
    対面のカウンターですから、人が扱ってくれる安心感もあります。


    空港の保険カウンターで「バラ掛けでお願いします」というと、バラ掛け用の申込書を出してくれます。


    書き方や補償について不明点があれば、カウンターの人に遠慮なく教えていただきましょう。
    どの補償について保険金額をいくらにしたいかは、予め考えておくといいと思います。
    自分の考え方次第ですし、加入する時に迷わないので。


    ちなみに、個人的には、下記の3つの補償はしっかり掛けておくことを強くおススメします。

    • 治療費用補償
      海外の病院では日本の健康保険は使えない上、多くの場合、医療費が日本よりずっと高額なため
    • 救援者費用
      日本への搬送費用等で高額になるケースがあるから
    • 個人賠償責任保険
      保険料が安く、数十円で最高額(1億円等)の保障がつけられるため



    次に、前もって海外旅行保険に加入したい場合は、インターネットでバラ掛けを扱っている会社もあります。

    インターネットで海外旅行保険をバラ掛けする場合




    インターネットでバラ掛けで加入できる大手の損害保険会社はこちら。
    新・海外旅行保険オフ‎(損保ジャパン日本興亜)
    403 - 許可されていません: アクセスが拒否されました。



    なお、バラ掛けではありませんが、クレジットカードの不足分相当を「クレカ上乗せプラン」として提供している大手はこちらです。
    ネットde保険@とらべる(三井住友海上)




    ※安心を最優先にしたい場合は、パッケージで加入しましょう。割高ですが、保険はいざというときに加入するもの。総合的な補償が得られるというメリットはあります。


    実際に海外で地震にあって命の危険を感じた私は、海外旅行保険の大切さを実感しています。
    いざという時に役に立ってこその保険。安けりゃいいという訳ではないのです。


    では、最後にまとめてみましょう。

    まとめ

    この記事でお伝えした、「海外旅行保険どうしてる?」の解決策はこちらの2つです。

    1. 海外旅行保険自動付帯のクレジットカードを持つ(できれば2枚!)
      利用付帯ではなく自動付帯とすることで掛け忘れがない!
      保険金額が合算できるので、2枚持つと更に安心!


      こちらのカードが、特におススメ!
      エポスカード


      (エポスカードは年会費無料でゴールドカードに切り替えられる可能性もあり!)


    2. 行先や滞在期間、危険度によって、バラ掛けの海外旅行保険を追加する(バラ掛けがポイント!)
      バラ掛けは、パッケージプランと違って保険料が安い!
      キャッシュレスサービス日本語によるサポートが充実した大手の損害保険会社を選ぶ!


      東京海上なら空港の保険カウンターで対面で加入!
      損保ジャパン、三井住友海上ならインターネットで加入が便利!
      新・海外旅行保険オフ‎(損保ジャパン日本興亜)
      ネットde保険@とらべる(三井住友海上 クレカ上乗せプラン)





    こちらの記事で紹介した、クレジットカードや保険会社の規約やサービスは変更になることがあります。
    ご加入やご旅行前に、自分で確認いただきますようお願いします♪



    以上、『海外旅行保険どうしてる?知らないと損をする私のおススメ2つとは!』でした。


    最後までお読みいただき、ありがとうございました(^-^)

    もよ
    もよ
    少しでも、あなたのお力になれたら嬉しいです!











    コメント

    タイトルとURLをコピーしました