Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

「民泊のAirbnb(エアビーアンドビー)を日本国内で利用してみたい!」

「実際に使ってみた人の評判ってどうなの?」

こんにちは!人生100年現役を目指しつつ都度の旅行を楽しんでいる、

アラフィフ現役ワーママの実体験ブログ真昼のワタシ運営者のMoyoです♪


民泊のAirbnbをこれまで2回利用した私。
日本国内で旅行する時、ホテル以外の選択肢ってあまり考えませんよね。

安く、個性的に、地元民みたいに・・・

Airbnbは、味のある旅行を楽しみたいあなたにピッタリ。

MoyoMoyo

でも、民泊ならではの注意点があるのも事実。


この記事では、2回利用した我が家の体験談評判をお届けしつつ、利用する場合に気を付けたい注意点についてお話します。

旅の選択肢を増やしたいあなたの、ご参考になれば嬉しいです。


では早速、Airbnbとは何かからご説明しましょう。


Airbnbって、そもそも何なの?



Airbnb(エアビーアンドビー)とは、泊まる場所を探す旅行者と、空き家・空き部屋を貸したい人をつなぐオンラインサービスのこと。

つまり、画期的な民泊紹介サイトです。

世界191か国以上で利用されていて、世界の宿泊先の数は600万件、通算ゲスト数は5億人!(2019年10月現在)

日本のみならず、世界で利用者が爆発的に増えているサービスです。

私が初めてAirbnbを知ったのも、日本に旅行に来る外国人の間で、Airbnbに泊まるのが人気と聞いたからです。

普通の宿泊施設の利用と違って、食事はついていないし、一般の人の持ち家だったりするので、普通のホテルとは勝手が違います。
それでもなぜ、私が使ってみたかというと・・・?


私がAirbnbを日本で使ってみた理由は?

ズバリ、値段がリーズナブルからです!(笑)

でも、単に安いだけではなく!

Airbnbなら、普通はできない旅が可能になる。
「泊まること」自体も、特別なイベントにしたかったから。

私の場合、人とちょっと違うことをするのが好きで(笑)
どうせなら、ワクワクドキドキがあった方がいいかな、と。


MoyoMoyo

1回目は、2年前に沖縄旅行で。
2回目は、先日、東京ディズニーランド行きで利用。


いずれも、私の姉妹とその家族(4人姉妹なので4家族)で一緒に行ったため、一つ屋根の下の合宿みたいな使い方です。

もし普通のホテルに泊まったら、各部屋に分かれて泊まりますが・・・
私が選んだのは大人数で一緒に泊まれる「一戸建て貸し切り」のタイプ!

広いリビングで遅くまでワイワイ喋れたり、大人数でも夜まで会話ができるのが魅力だと感じました。

唯一無二の思い出になる(可能性が高い!?)、というのが、Airbnbですね。

MoyoMoyo

家や部屋のタイプはいろいろ。人数は、1人や2人用から、大人数まで、幅広くあります。



続いて、私が先日利用した「東京ディズニーランドから徒歩圏の1戸建て」のケースを通じて、Airbnbの魅力等を語っていきます。

今回利用した「東京ディズニーランドから徒歩圏の1戸建て」とは?



そもそも、我が家は神奈川県にあるので、東京ディズニーランドには家から電車で1時間半くらい。
姉妹の家族とは毎年東京ディズニーランドに行っていて、いつも電車や車で日帰りで行っていました。

今回は、姪っ子たちも24歳を筆頭に社会人が3名となり、親の私たちもアラフィフで疲れやすい!?ので、初めて「前泊」することにしたんです。

ここで、私が思うAirbnbの魅力を3つ!

    • 値段の安さ
    • 個性的な旅ができる
    • 地元民を体験できる

一つずつご説明しますね。

Airbnbを日本で使ってみた時の値段は?安いって本当?

今回泊まったのは、広さ115平米で、ゲスト14人まで泊まれる大きめのおうち。

じゃーん、こちらです。


立地は、東京ディズニーランドから徒歩20分位の閑静な住宅街

ディズニーランドまで歩ける!というだけで、ディズニーファンの姪たちも気分上々♪

さて、お財布にどれだけ優しいかというと・・・

3連休の初日という、ホテルなら最高値に近そうな日程で・・・

お値段は1泊76,000円位。
13人で泊まったので、1人あたり5,800円位です。

MoyoMoyo

3連休にディズニーランドの近くのホテルに泊まると、家族4人1部屋、素泊まりで5~6万はしますよ!


ツッコミおさるちんツッコミおさるちん

4家族で4部屋なら、20万するかもな


それに、先ほどお伝えしたとおり、リビングでみんなでくつろげるというおまけつき。

ちなみに、上記76,000円は、清掃料システム利用料が含まれた金額。(税込み)

最初に表示された金額は4万円台でしたが、清掃料とシステム利用料が意外に高かったです。

MoyoMoyo

清掃料やシステム利用料は小さい字で表示されるので、最終的に算出される金額をよく確認してから予約しましょう。



続いて、どんな個性的な旅ができるかというと・・・?

Airbnbを使ってみると旅が個性的に!

Airbnbだと、場所の部屋のタイプもよりどりみどり!

  • ゴージャスな印象の洋館
  • 和風の歴史ある古民家
  • スタイリッシュなマンション

などなど。

「一度は住んでみたい」と思えるような、魅力的な家や部屋もあるんです

ツッコミおさるちんツッコミおさるちん

シャビーな部屋もあるけど「当たり」を探すのが楽しいらしい


結局、狙っていた洋館は日程的に先約があって取れず・・・(;∀;)

今回私たちが泊まったのは、ごく普通の一戸建てですが・・・

    • 広さが十分
    • ベッドルーム4つに、ふっかふかのベッド
    • 大きなミッキーとミニーのぬいぐるみが玄関でお出迎え

という、マンション暮らしの我が家にとっては「一度泊まってみたかった」にジャストミート。

子供たちにも、「戸建て体験」はとっても新鮮で、評判上々。

長女ちゃん長女ちゃん

ママ、すごいよーー!部屋がいっぱいーー!


ここで、今回泊まった家の写真をもう少しご紹介しますね。

玄関を入ると、ぬいぐるみがお出迎え!子供たちのテンションもアップ。


全員でくつろげる広いリビングには、大型の壁掛けテレビ。


広いキッチンとランドリーコーナー。
自炊も洗濯も可能で、コンドミニアムみたい。


ゴミは連泊しても収容できそう。


一つ目のベッドルーム。



二つ目。ベッドはフカフカでした。


三つ目。タオルセットは各ベッドに設置。


MoyoMoyo

もう一つの部屋は、ベッドではなく床に布団がしいてありました。
男性陣はこちらに泊まってくれましたが、快適だったようです。


ツッコミおさるちんツッコミおさるちん

カーテンもディズニー柄で、ディズニームードが演出されてた


さらに、外国人の宿泊客がメインなんでしょうか、建物内の案内はすべて英語(笑)

こんな張り紙が随所に。



何となく見て分かるレベルの短いものですが、「外国の家」に泊まったような錯覚に。

ちなみに、Airbnbで選べる宿泊先には、オーシャンビューの家や、森の中のツリーハウスお城まであるそうですよ。
そんな、宿のバラエティーは民泊ならではです。

次に、地元民を体験できるという話です。

Airbnbで地元体験もできる!?



今回は、東京ディズニーランドから徒歩圏のため、普通の都会の住宅でしたが・・・
ディズニーランドの近くの家!というだけでテンションが上がりました(笑)

「絶対、ここら辺の人たちは、年間パスポート持ってるよね」
「うらやましすぎる」
とか話しながら(笑)

例えばもっと都会から離れた地域に宿泊したとしたら、地元の人しか利用しないようなお店とか、食べ物に出会えたりする楽しみもありそうです。

MoyoMoyo

前回、沖縄でAirbnbを使ってみた時も利便性重視でした。
次回は、田舎っぽさを満喫する旅もいいなぁ♪


Airbnbは食事はつかないから、地元のお店で外食か、土地のものを買って自炊など、旅全体をアレンジするイメージです。

MoyoMoyo

Airbnbには、地元で体験できるアクティビティも申し込めるようになっていて。
例えば、地元で自転車を借りたり、地元のガイドさんに案内してもらうこともできるようです。


ツッコミおさるちんツッコミおさるちん

地元の人とも触れ合えるという訳だな


では、Airbnbを利用する時の注意点をお話ししましょう。

Airbnbを日本で使ってみる時の注意点とは?

我が家で使ってみた時に感じた注意点を3つお伝えします。

Airbnb注意点その1:評価が高いホストと宿泊先を選ぼう


Airbnbは、個人が個人に部屋を貸すというもの。
宿泊の実績が多く、評価の高いホスト(←部屋を貸す人のこと)から借りるのが安心です。

イメージは、メルカリやヤフオク。
評価の高い人、これまでの利用者のコメント等から、安心して取引できそうかをしっかりチェックします。

私は2回とも、実績が多く、評価が5段階で4.8の「スーパーホスト」と呼ばれる人を選びました。
スーパーホストは、貸すことに慣れていて、かつ、リピーターがつくように快適さにも気を配っていると思われるからです。

実は、以前沖縄に泊まった時は、スーパーホストの家だったにもかかわらず、風呂場の電気がつかないというアクシデントに見舞われ(^^;

ホストに連絡を取りましたが、タイムリーに直していただけず、結局外の薄明りだけで我慢しました。

民泊には想定外がつきものかも知れませんが、評価の高い人から借りつつも、「民泊だから少しは大目にみよう」位の気構えがちょうどいいかもです(^^;


次に、利用方法はホテルと感覚が違うよ!という話です。

Airbnb注意点その2:普通のホテルと利用方法が違うので自分で確認しよう



予約する前に、利用方法等は書かれていますが・・・
普通のホテルでは当たり前と思えることが、当たり前でないことも。

例えば、今回の「東京ディズニーランドから徒歩圏」の家の場合・・・
誤算だった!
と思ったのは下記の3点(;’∀’)

    • 利用方法の説明が英語だけだった
    • 13人で泊まるのに風呂が1か所しかなくて、一部メンバーはスパを利用した
    • チェックイン時に、部屋に設置されたタブレットで、宿泊者全員の顔を撮影して送信する必要があった

等。

一番困ったのはお風呂。
お年頃の姪っ子たちにとっては、長風呂&長ドライヤーは必須だったので。

お風呂は、外国人なら、あまり気にしないポイントかも?


ちなみに、チェックイン時に顔写真を送信した画面はこちら。


また、Airbnbの中には、一戸建てに家主が住んでいて、空いている部屋を貸すパターンもあります。

MoyoMoyo

予約する前に条件をよくチェックして、予約した後も、不明な点はどんどん質問(*)してクリアにするのがよさそうです。


(*)airbnbのWebサイト上で、ホストとチャットでやり取りができます。
ちなみに、今回の東京ディズニーランドから徒歩圏の家では、管理会社みたいな所にチャット対応を委託されていて、夜遅くでも即座にメール返信がいただけて、安心感ありました。


次に、ホストに迷惑をかけない対応をしよう、という注意点についてお話します。

Airbnb注意点その3:自分も評価されている!次回のためにもホストに迷惑をかけない対応を



イメージは、メルカリやヤフオクと言いましたが、
その心は・・・

自分もホストから評価されている!
ということ。

宿泊後に、ホストがゲストを評価し、その記録がずっと残ります。

MoyoMoyo

私は5つ星評価をもらえた~ほっ。
ちなみに、Airbnbに最初に登録する際、自分の顔写真も登録するんですよ。


ツッコミおさるちんツッコミおさるちん

個人が特定されないように、遠めにボヤっと写してた


ホストだって、変な人には貸したくないですから、物を壊したりとか、どんちゃん騒ぎをして近所迷惑なことをするとまずいです。

次の利用時も気持ちよく貸していただけるよう、ホストが設定したルールは守りましょう。

では最後にまとめてみます!

まとめ

Airbnb(エアビーアンドビー)を日本で使ってみたことについて、我が家の評判等をレビューしました。
以下、書いたことをまとめてみますね。

★Airbnbって何?どうして利用しようと思ったの?
⇒魅力を3つ感じたから!

    • 値段の安さ
    • 個性的な旅ができる
    • 地元民を体験できる

★Airbnbを使ってみた我が家の評判は?
⇒姉妹の4家族合同で利用したところ、

    • ディズニーランドから歩ける!
    • 泊まってみたかった広いおうちで特別感!
    • 夜までリビングで一緒にくつろげる!

と評判上々でした(^-^)


★Airbnbを使ってみるときの注意点は?
⇒注意点は3つ!

    • 料金は部屋代の他に清掃料やサービス料(宿泊中の24時間サービス料)
    • 普通のホテルと状況が違うので自分で確認
    • 自分も評価されている!ホストが不安にならない対応を

MoyoMoyo

Airbnbは、一味違った宿泊先(部屋や建物)や、地元密着感を手軽に味わえるサービスです。
ホテルのような至れり尽くせりではないけど、唯一無二の思い出作りに試してみてはいかがでしょうか。


ツッコミおさるちんツッコミおさるちん

民泊はハプニングがつきものという心構えもあったほうがいいぞ


Airbnbのウェブサイトはこちらです。
旅行先を妄想で調べてみるのも楽しいですよ!(笑)
Airbnb

以上、『民泊のAirbnbを日本で2回使ってみた!我が家の評判と注意点は?』でした。


\「真昼のワタシ」にフォローいただけたら嬉しいです/

    Twitterでは、人生100年現役を目指すワタシが、日々思うことをつぶやいております(^-^)



    公式LINEでは、新着情報の他、ブログでは話せないエピソード等をこっそりお届け!(^^)!
    友だち追加



人生100年を現役で過ごす野望を持つ、「真昼のワタシ」運営者のアラフィフ現役ワーママMoyoってどんな人?
Moyoのプロフィールはこちら♪