Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


 


「ホットクックのレシピに参鶏湯(サムゲタン)ってある?」


こんにちは!ヘルシオホットクックを愛用する薬膳大好きなアラフィフワーママ、「真昼のワタシ」運営者のMoyoです(*^-^*)

ホットクックで「おうちごはん」をラクして美味しく作れるようになった私が、おススメレシピをご紹介します。

 

ちなみに、ホットクックが共働きの我が家に役立っている記事はこちら。

関連記事

ホットクックは共働きの必須家電!3ヶ月愛用した感想と定番料理は?

 

今回ご紹介するホットクックのおすすめ料理は丸鶏の参鶏湯(サムゲタン)です!

参鶏湯(サムゲタン)は、韓国の薬膳料理。今回はパーティーの持ち寄り料理として作りました。
美容にも健康にもよく、美味しい上、見栄えも豪華で大好評!
不老長寿に効くといわれるスーパーフードが3種類も入っているんですよ。

調理のステップは・・・

  1. 半分の材料を鶏肉に詰めて、水と残りの材料を内鍋に入れる
  2. 計量し、総重量の0.6%の塩を入れる
  3. ホットクックにセットしてボタン押すだけ!

長~くじっくりと加熱する薬膳料理なのに、ほったらかしで簡単にできちゃうなんて、ホットクックありがたや~。
普段はドタバタのワーママの私にも、気軽に作れましたよ!

この記事では、薬膳食材の効能の他、丸鶏ではなく手羽先で作る簡単バージョンも写真タップリでご紹介します。
では早速、材料から見てみましょう!薬膳食材の説明も併せてどうぞ(^-^)




 

ホットクックのレシピおすすめ!「丸鶏の参鶏湯(サムゲタン)」の材料

ホットクックで作る「丸鶏の参鶏湯(サムゲタン)」の材料です。

<材料>

  • 丸鶏 1羽分(今回は1.6kg)
  • もち米 1/2カップ
  • ニンニク チューブで5cm位(お好みで)
  • なつめ 適量(8個位)
  • クコの実 適量(30粒位)
  • 松の実 適量(20g位)
  • しょうが 適量
  • ねぎ 少々
  • 塩 総重量の0.6%
  • コショウ 少々

特長のある材料について、少しご説明しますね。
 

丸鶏

 
私、丸ごとの鶏肉を調理したのは、今回が生まれて初めてでした。
毎日バタバタのワーママですが、ホットクックがあれば、手の込んだイメージのある丸鶏だって「使ってみよう!」という気になるものですねぇ・・・。
 
丸鶏はお肉屋さんで予約して買いました。今回買ったのは、内臓処理済の解凍品で、重さは1.6kg。
ホットクックで調理するにはギリギリの大きさで、これがホットクックの内鍋に入る最大の大きさでした。
買うときは、これと同じ位かもっと小さめをおススメします。
 
丸鶏って、形が生々しくてちょっとグロいですが、命をいただいている感謝の気持ちが湧いてきます・・・。
 
せっかくなので、調理前に、おっかなびっくり動かしてみました。
 
ああ、これが手羽先なんだ・・とか。
 
あ、内臓が空っぽだ・・・とか・・・(;^ω^)
 
ちなみに、丸鶏はAmazonなどでも買えるようです。
こちらは小ぶりの1.1kgで、自宅で普段にいただくにはちょうどいいかも知れません。
 
いずれにしても丸鶏は、普段はなかなか使わない食材ですよね(笑)
だからこそ、パーティーの時はみんな喜んでくれたので、作った甲斐がありましたよ!
 
続いて、日本の食卓ではあまり馴染みのないナツメについてです。

なつめ(棗)

 
なつめは、漢方が好きな我が家では、キッチンに欠かさず常備している薬膳食材
洗ったらそのまま食べられますが、丸ごとをお茶に浮かべたり、スープに入れたりと幅広く使えます。
ナツメは、特に鉄分やビタミンが多く含まれていて、老化防止美肌効果がとっても高いんです!
 
ちなみに、漢方の源である中国のことわざでも、
 
「要想不顕老,每天吃三顆紅棗」(意味:老けたくなければ棗を一日3個食べよ)
 
という言い方があり・・・。
 
ナツメ(クコも松の実もですが!)医食同源と言われる中国では、誰の家にもあるようなポピュラーな食材なんです。
中国のどこのスーパーでも、こんな風にスーパーフルーツが大量売りされています。(ダジャレではありません(^^;)

 

日本のスーパーでも中華食材売り場等で見かけますが、パッケージが小さいものがほとんど。
ご参考までですが、我が家では日常的に使っているので、Amazonで大きな袋のものを買っています。

 

クコの実

クコとは、レーズンを小さくしたような赤い実。そう、杏仁豆腐にトッピングされているアレです。
中国の皇帝が飲む不老長寿の薬にも含まれていたほど、薬膳効果が高いんですよ!
脳の老化予防や視力回復にも役立つそうで、人生100年現役を目指す私にとって、もってこいの食材です(笑)
もちろん、我が家にも常備しています。(老眼にも効くといいな・・・)
 
クコも、スーパーの中華食材売り場に売っていますし、Amazon等でも買うことができますよ。
 

 

松の実

日本ではあまり知られていませんが、漢方の本場中国では「松子仁」と呼ばれていて、
「一日三回食べると仙人になれる」
と言われるほどの食材。Σ(゚Д゚;
やはり昔から不老長寿の薬として珍重されたもので、ビタミンやミネラルをたっぷり含んでいます。
 
今回は、スーパーでこちらを買いました。
 

 
おっと、参鶏湯(サムゲタン)は韓国の料理ですが、漢方繋がりで中国の話ばかりしてしまった・・・
脱線したので戻しますね(;^ω^)

何はともあれ、参鶏湯(サムゲタン)は、
スーパーフードがたくさん入った、体が喜ぶスペシャルスープといえますね♪

続いて、作り方を写真付きでご説明します。
 

 

ホットクックのレシピおすすめ!参鶏湯(サムゲタン)の作り方

ホットクックでの調理時間の目安は、1時間50分ほど。(材料の量や温度によって変わります)
ホットクックで加熱する前の準備時間は約20分でした。
丸鶏で作ったのは初めてで、丸鶏の扱いに慣れず少し手間取りましたが、それでもパーティー料理の準備にしてはかなりラクしてます(^-^)
調理の1時間半だって、あくを取らなくてよく外出だってできるんですねぇ。
予約調理もできるので、仕上がり時間をセットすれば朝作って夕方帰ったらすぐ食べることもできますよ。
 

MoyoMoyo

疲れて家に帰ったら薬膳スープが出来ているなんて、あぁ、ホットクックって何て贅沢!


では、作り方をご紹介します(^-^)

  1. もち米は洗ってざるに上げて水けを切っておく。ナツメ、クコの実も洗っておく。
    鶏は腹の中もよく洗っておく。
  2.  

  3. もち米とにんにく、しょうが、ナツメ、クコの実をまぜ、半量を鶏の腹に詰めて、竹串やつまようじで穴を閉じる。

  4. 私は竹串で閉じました。こぼれた分は後でスープに入れればOK♪

  5. ホットクックの内鍋に鶏を入れ、塩以外の材料と松の実を加え、鶏が被る位まで水を加える。
    (鶏肉が取り出しやすいかなぁと思い、内鍋の中にキッチンペーパーを敷きましたが、後で持ち上げたら重すぎて破れてしまい・・・(;^ω^)。敷く必要はありません!(笑))
  6. ※鶏の大きさ等により「水位MAX」の線を越える場合は、水は内鍋の上部から4cm以下の量にセットします。

  7. 総重量の0.6%の塩を入れる
    総重量は、我が家のキッチンスケールは3キロまでしか量れないため、今回は体重計で量りました(;’∀’)
    内鍋の重さが888gなので、全体の重量から888gを引いて、それに0.006を掛け・・・、今回は、24gの塩を加える結果となりました。
    総重量は、各材料ごとにキッチンスケールで量って、合計してももちろん大丈夫です。

    ちなみに、総重量に対して0.6%~0.7%の塩分が話は、ホットクック第一人者の勝間和代さんの本から教わりました。
    スープの場合はそのまま飲むので、0.6%がちょうどいいと思います。
    この方法だと、味見や調整をしなくてもが味がビシッと決まるので、今回のように失敗できない料理の場合は特に助かりますね。

    なお、塩は、沖縄の海塩「ぬちまーす」を使いました。
    「ぬちまーす」は美味しいうえに、ギネスに登録されたほどのミネラル量。
    私は沖縄の「ぬちまーす」の海と工場を見学したこともあり、とっても信頼して使っています。(^-^)
    もちろんどんな塩でも作れますが、シンプルな味付けなので、塩にもこだわると一層美味しく作れますよ♪
     

  8.  

  9. ホットクックの本体にセットし、
    メニューを選ぶ
     ↓
    カテゴリーで探す
     ↓
    スープ
     ↓
    参鶏湯(サムゲタン)

  10. 予約調理にする場合は、時間をセット!

  11. 時間がきたら、ホットクックオープン!
    おぉ、スープが澄んでいてアクがない!
    丸鶏の肉も崩れず美しく仕上がっています!

  12. 内鍋から取り出し、葱を散らして出来上がり!
    丸鶏はお玉二つで慎重に取り出しました。(もし圧力鍋だったら、骨まで柔らかくなりすぎて、取り出すときに崩れていたかも・・・)

ちなみに、丸鶏ではなく手羽先でも美味しくできます
手羽先と材料を入れて、ホットクックにセットするだけ!
手羽の骨を抜いて材料を詰めてもいいですが、材料はスープに入れても美味しくできます。
 
手羽先バージョン調理前♪
 
手羽先バージョン調理後♪
 
材料と水を入れたら、総重量の0.6%のお塩を加えるだけです。簡単に美味しくできました!
 

最後にまとめてみます!

 

まとめ

ホットクックで作る「参鶏湯(サムゲタン)」について、以下まとめます(^-^)


  • 参鶏湯(サムゲタン)は、美容と健康にいいスーパーフードがたっぷり!アクも取らずにほったらかしで美味しくできる♪

  • 骨付き肉の旨味があるだから、余計な調味料がなくても美味しい!総重量に対して0.6%の塩を加えれば味付けは完璧!

  • ホットクックの自動メニューを使って、予約調理ができる!長時間煮込む料理なのに、玄関開けたらすぐ食べられる!

  • 丸鶏がなくても、手羽先で簡単に作れる!普段の夕食にも超おススメ!


ちなみに、我が家で使っているホットクックはこちらです。

MoyoMoyo

ホットクックのレシピブックには丸鶏しか載っていませんが、普段は手羽先でも十分ですね!ホットクックで手軽に薬膳を取り入れて、キレイと健康を手に入れちゃいましょう♪


以上、『参鶏湯(サムゲタン)』のお話でした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^-^*)

当ブログでは、ホットクックやヘルシオの他、「きくち体操」の体験談等、人生100年時代のお供になる話題をご紹介しています。
ぜひご覧ください(*^-^*)
関連記事⇒ホットクックは共働きの必須家電!3ヶ月愛用した感想と定番料理は?

ツイッター始めました
きくち体操や道具たちなど、人生100年のお供について、私が感じたこと等を生々しく(!?)ツイートします。
ブログの更新もお知らせします。ぜひぜひ、フォローをお願いします♪(*^-^*)
https://mobile.twitter.com/Moyo698986131

 

人生100年を現役で過ごす野望を持つ、「真昼のワタシ」運営者のアラフィフ現役ワーママMoyoってどんな人?
Moyoのプロフィールはこちら♪