Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る








「ホットクックのレシピで白菜と豚バラを使ったメニューは?」


こんにちは!ウォーターオーブンヘルシオとヘルシオホットクックを愛用するアラフィフの現役ワーママ、「真昼のワタシ」運営者のMoyoです(*^-^*)

ホットクックで「おうちごはん」をラクして美味しく作れるようになった私が、おススメレシピをご紹介します。

ちなみに、ホットクックが共働きの我が家に役立っている記事はこちら。

関連記事

ホットクックは共働きの必須家電!3ヶ月愛用した感想と定番料理は?

 

今回ご紹介するホットクックのおすすめ料理は白菜と豚バラの重ね煮です!


調理のステップは・・・

  1. 白菜と豚バラを塩コショウしながら重ねる
  2. 材料を内鍋に入れる
  3. ホットクックにセットしてボタン押すだけ!

ホットクックが調理する時間は、30分ほど。

予約調理はできませんが、調理中にそばについている必要はなく、外出だってできちゃいます。


白菜豚バラ黄金タッグにより、パクパク食べちゃう美味しさ。我が家の子供たちも、箸が止まりませんでした(^-^)
この記事では、
簡単かつキレイな盛り付けのコツもお伝えしますよ!

では早速、材料から見てみましょう!


 


 

ホットクックのレシピおすすめ!「白菜と豚バラの重ね煮」の材料

ホットクックで作る「白菜と豚バラの重ね煮」の材料は下記の通りです。

<材料(4人分)>

  • 白菜:500g
  • 豚バラ肉:300g
  • 塩:総重量の0.6%
  • コショウ:お好みの量
  • コンソメ:1粒(顆粒状のものなら小さじ1杯)



白菜や豚バラ肉の分量は適当(食べたいだけ)で大丈夫です。
ホットクックのレシピ集によると、分量は4人分から6人分まで自動でできるとのこと。
要は、めちゃくちゃ多すぎたり少なすぎたりしなければ、火加減加熱時間ホットクックが調節してくれる!
あれこれ気にしたり、目をかける必要はありません。

 

MoyoMoyo

もちろん、加熱中はほったらかしに出来るから、子供の宿題を見たりできます(^-^)

 
味つけも、塩を総重量の0.6%にすればバッチリ。
白菜と豚バラを重ねながら塩コショウする時、塩加減が分からなくなりがちですが、塩を量って使い切るようにすれば、失敗しません!

 

MoyoMoyo

塩加減を総重量の0.6%にすれば失敗しないので、途中で味見しなくても完ぺきにできます!( ´∀` )

 

また、白菜と豚バラは味の相性は最高ですよね。この黄金コンビですから、コンソメ等のうま味調味料は必要ありません
とはいえ、我が家では、いつも同じ味だと子供が飽きがちなので、

  • うま味調味料を使わないシンプルバージョン
  • コンソメバージョン
  • 中華風バージョン
  • を巡回して作っています。(^-^)
     
    ちなみに、我が家では、中華風にする時は「味覇(ウェイパァー)」を愛用しています。
    ホットクックは素材の味を活かして作れますから、うま味調味料少な目でちょうどいいです。

     


    続いて、作り方を写真付きでご説明しますね。

     

    ホットクックのレシピおすすめ!「白菜と豚バラの重ね煮」の作り方

    作り方をご紹介します(^-^)

    1. 材料を用意します。


    2. 白菜の上に豚バラ肉を重ね、塩コショウを振ります。


    3. 白菜→豚バラ→塩コショウ・・・を繰り返してミルフィーユ状に重ねていきます。


    4. 5cm程度に切って、内鍋に並べます。
      この時、30cmのオーブンシートを敷くと取り出すのがラクです。(これについては後ほどまた書きます)



    5. ホットクックを操作。
    6.  
      メニューを選ぶ
       ↓
      メニュー番号で探す
       ↓
      白菜と豚バラの重ね煮


       ↓
      調理を開始する
       ↓
      スタートボタンを押す!

    7. 後はホットクックに任せておけば出来上がり!
      出来上がった様子はこんな感じです♪

    8.  

      MoyoMoyo

      予約調理はできませんが、朝、内鍋に仕込んで冷蔵庫に入れておけば、夕方帰宅したらすぐホットクックにセットできます。後はご飯とお味噌汁でもあれば手早く完成です!

       

    次に、「白菜と豚バラの重ね煮」の作り方のコツをご紹介します。

     


     

    ホットクックのレシピおすすめ!「白菜と豚バラの重ね煮」のコツとは?

    そもそも簡単に美味しくできるメニューではありますが・・・(;^ω^)
    実際に作ってみて感じたコツをお伝えします。

    「白菜と豚バラの重ね煮」をきれいにお皿に移すコツ


     
    「白菜と豚バラの重ね煮」は、ミルフィーユ状に重ねた食材をホットクックの内鍋に並べて作ります。
    ホットクックで調理するときは、「まぜ技ユニット」は使わないので、内鍋に入れた時と同じく白菜と豚バラが重なった状態で出来上がります。
     
    これを取り出すとき、なるべくそのままお皿に盛りたいですよね!
     
    調理前に、内鍋にオーブンシートを敷くと、簡単かつキレイに取り出せますよ。
    オーブンシートは、ホットクックやヘルシオの料理に便利な30cm幅のものをおススメします。
    ちなみに、私が使っているのはこちらです。

     
    出来上がったときの内鍋はこんな様子ですが・・・、オーブンペーパーがなかったら取り出しにくそう!

     
    オーブンシートの四隅を持って持ち上げて、お皿に移して、オーブンシートをススっと抜きます。

     
    MoyoMoyo

    これで盛り付けはバッチリです!
    もちろん、トングなどを使ってもできますが、一気にきれいにできました(^-^)


    ホットクックの料理を美味しく仕上げるには本物の調味料を使うのがイチオシです。
    今回の味付けの主役は塩!
    塩と言えば、私のおススメは、、、
    沖縄の海塩「ぬちまーす」です!

    「ぬちまーす」は、特許製法で、美しい沖縄の海水からミネラルを残して塩にした製品。
    ミネラルの含有量は世界一!ギネスにも登録されたんですよ。
    私は沖縄の「ぬちまーす」の海と工場を見学したこともあり、とっても信頼して使わせてもらっています。(^-^)


    MoyoMoyo

    もちろん普通の食塩でもできますが、調味料にこだわると仕上がりが違ってきます。
    ぜひ、ご自分に合った美味しい塩を使ってみてください♪


    最後にまとめてみます!

    まとめ

    ホットクックで作る「白菜と豚バラの重ね煮」は、簡単で美味しくできる、おススメメニューです♪

    以下まとめます(^-^)


  • 「白菜と豚バラの重ね煮」は、白菜→豚バラ→塩コショウを重ねて入れるだけ!ホットクックで簡単に作れておススメです!

  • 白菜と豚バラ肉の黄金コンビだから、コンソメ等の「うま味調味料」はあってもなくても美味しい!味覇を使って中華風にも!

  • 内鍋に30cmのオーブンシートを敷いておけば、簡単かつキレイに盛り付けできる!(もちろんトング等を使ってもできますが、ラクしてきれいに盛り付けるにはコレ!)

  • 塩は、総重量に対して0.6%で完璧!シンプルな料理だから、「塩」は美味しいものを使うと引き立つ!ちなみに我が家では沖縄の海塩「ぬちまーす」を愛用♪


  • ちなみに、我が家で使っているホットクックはこちらです。



    MoyoMoyo

    お肉と野菜がたっぷりで、我が家の高校生の長男と小学生の長女も大好きです!



    以上、『ホットクックのレシピおすすめ:箸が止まらない!白菜と豚バラの重ね煮』のお話でした!
    最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^-^*)

    当ブログでは、ホットクックやヘルシオの他、「きくち体操」の体験談等、私が人生100年時代のお供としている話題をご紹介しています。
    ホットクックの関連記事は、ホットクックカテゴリをご覧ください♪


    \「真昼のワタシ」にフォローいただけたら嬉しいです/
    Twitterでは、人生100年現役を目指すワタシが、日々思うことをつぶやいております(^-^)


    公式LINEでは、新着情報の他、ブログでは話せないエピソード等をこっそりお届け!(^^)!
    友だち追加


     

    人生100年を現役で過ごす野望を持つ、「真昼のワタシ」運営者のアラフィフ現役ワーママMoyoってどんな人?
    Moyoのプロフィールはこちら♪