Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る



マザーハウスのバッグ「ヨゾラ」を愛用する、アラフィフ現役ワーママ真昼のワタシ運営者のMoyoです♪

 

「一生付き合えるバッグを持ちた~い!」

 

そんな気持ち、女子の永遠の憧れですよね。
そんな時、高級ブランドの○○○○などは思い浮かぶものの、「はぁーっ(*´Д`)」とため息が出るようなお値段で(笑)

しかも、毎日仕事に家事にまみれているのに、そんなオシャレなバッグを持つなんてあり得なーーい!

 

一生モノのバッグを持つなんて、私には無縁…、なんて思っていたのです。

 

と・こ・ろ・が!
縁あって、手の届く範囲で、余裕なしの暮らしをオシャレに支えてくれる、超おススメバッグに出会えました。
スーツにもカジュアルにも似合うバッグ、それは、マザーハウスヨゾラです!
じゃーん!

 

購入して半年。
ほぼ毎日、オフィスでの仕事にも、子供の習い事の付き添いにも、公園へも!
どこへでも持ち歩いています。

私の相棒であるマザーハウスのヨゾラ。永~く愛用できるおススメのバッグなので、口コミ情報をお伝えします。
また、ショップに持ち込んで有料のお手入れを体験したことを、写真付きでレビューします!
自宅でケアする方法も併せてお伝えしますのでご期待ください(^-^)

買った一年後のレビューも追加しましたのでご覧ください♪

関連記事

マザーハウスのバッグ「ヨゾラ」を1年間毎日愛用した口コミ!



購入を検討しているあなたのご参考になれば嬉しいです。


マザーハウス ヨゾラの口コミ!軽くて肩がこらない革バッグに大満足!

私はもともと重いのがとっても苦手。
バッグだけでなく、洋服でも、少しでも“ずしっと感”があると頭痛と肩こりに悩まされるんです。

そんな私がヨゾラを購入した一番の決め手は「とっても軽いこと!」
バッグ自体の重さがたったの800グラムなので、ナイロン製と大差なくパッと持てるんです。

体重計で計ってみたところ、ほら、この通り!


さらに、リュックにもなる2way仕様

リュックになるなんて、金具を付け替えたり面倒な印象がありますが、ヨゾラの場合、リュックとショルダーバッグを使いかえるのは歩きながらでも一瞬でできます。


加えて、シンプルでキレイなデザインなので、通勤にも好印象だし、子供と公園に行くときのカジュアルな服装にだってバッチリ合います。

マチもたっぷりあるので荷物もたくさん入ります
私はLサイズを購入したのですが、荷物をたくさん入れても、バッグ自体がとても軽いうえ、リュックにもなるからとても楽。
2in1のノートパソコンも毎日持ち歩くようになり、通勤電車で座れた時はブログを書いたり、倍速でYoutubeを見たりもできるようになりました!
(バッグが軽くなり余裕ができると、新しい生活スタイルにチャレンジしたくなるのかも。すご~く快適です!(^-^))

ヨゾラについての詳しい内容は、こちらの記事でも熱く語っていますのでぜひご覧ください♪

関連記事

肩がこらないバッグ!荷物が多い現役ワーママの私のイチオシとは?



続いて、マザーハウスのヨゾラを店頭でケアしてみて、マザーハウスの品質へのこだわりを実感したことをお話しします。
まずは、ショップで確認したお手入れのメニューから♪

マザーハウス ヨゾラの口コミ!丸の内店に行ってお手入れしてみた

今回、小さなシミをつけてしまったので、マザーハウスのショップに行ってみました。
東京駅付近の丸ビルに、2017年10月にオープンしたお店です♪

実は、自分のバッグを有料でケアするなんて生まれて初めてです。
半年前に購入した時も、店員さんに有料のビフォーケアを勧められましたが、何となくお高い気がしてパスしてました。
使って半年で気が変わるなんて、ヨゾラの心のグリップ力は半端じゃないですね!!(笑)

 

さっそく、お手入れのメニューを口コミしてみましょう。

マザーハウス ヨゾラの口コミ!店頭のケアメニューとは?

*最新のお値段等詳しいことはショップやマザーハウスのホームページでご確認くださいね(^-^)

◆予防すること(ビフォアケア)

  1. プロテクションクリーム
    レザーの内側に通気性の高い保護膜を形成することで汚れの浸透を防ぐ。
  2. プロテクションクリーム&クレンジング
    クレンジングで保護膜ごと汚れを落とし、またプロテクションクリームを塗って保護膜を形成。繰り返すことで、いつまでも汚れにくい状態がキープできる。

◆アフターケア

  1. レザーエイジングケア【有料】
    レザーのシミや痛みが元通りに!
    ショップの店員さんから伺った話では、一度色を抜いてまた染めなおす。
    今の色と同じ色に染めるそうです。(※違う色にはできないとのこと)
    5,6年使い込んでから新品同様に生まれ変わらせることができるとのこと。
    これってすごくないですか!?
    このケアがあれば、一生使い続けられますから(拍手!!)
  2. レザーソープ&オイル【有料】
    普段のお手入れで落ちない汚れを落とせる。
  3. レザーモイスチャー【無料】
    乾いたレザーを保湿します。
  4. カラーリタッチ【無料】
    角などの色が剥げてしまった箇所を革専用のインクで補色してくれる。

 

ええ~、これだけ無料のケアがあるなんて!
それだけでも、長持ちのために役立ちそうですよね(^-^)

 

その他、穴が開いたり壊れてしまったときに直してもらえるリペアメニューもあるそうですよ!
汚れは取れるし穴はふさげるなんて、本当に永久に使えそうな勢いですっ!!

 

今回私がやってみたのは、「プロテクションクリーム&クレンジング」です。
以下、ケアの様子について、写真を交えてお伝えします♪

「プロテクションクリーム&クレンジング」ってどんなケア?

汚れが付く前に守る「プロテクションクリーム」と「クレンジング」のケアです。この二つのケアを組み合わせて保護膜を作り続けることで、バッグを長持ちさせます。
いよいよ、ケアのスタートです!

  1. 豚毛のブラシで丁寧にブラッシング。
    汚れを落としてくれていますね。力加減が見ていて参考になります。


  2. クレンジングを隅から隅まで!
    専用のクロスで拭くと、小さな泡が出ていました。
    この泡が汚れを落とすんですよ、と店員さん(^-^)
  3. motherhouse

  4. プロテクションクリームを塗布!
    ボトルに入ったクリームを、これまた丁寧に伸ばしています。
    みるみるうちに、全体に自然な艶がよみがえってきました。


  5. ドライヤーで乾燥!
    自然乾燥でもいいそうですが、ケアの後すぐに使うため、ドライヤーで軽く乾かしてくれました♪



お話ししながらだったのに、店頭の案内の通り20分で仕上げ。
とても感じよい店員さん。愛情こめてケアしてくださり、ありがとうございました♡

 

これは有料ケアですが、無料ケアの「レザーモイスチャー」について、家で簡単にできるグッズをご紹介します。

マザーハウス ヨゾラの口コミ!自宅ケアはラナパー(Renapur)でバッチリ!

市販の革製品のお手入れ剤、ラナパーってご存知ですか?

 

マザーハウスの無料ケア「レザーモイスチャー」にはラナパーが使われているんです。
ラナパーはドイツ生まれで世界中で愛用されている、市販で手に入る、天然由来の製品ですよ。
特別な使用方法はなく、製品に薄~く塗るだけでOKです。

 

ラナパーを効果的に使うコツを、ラナパーの公式ホームページから引用します。

 

Renapurは少量で効果を発揮しますので、一度の使用で塗りすぎない事がコツです。
革製品を永くご使用いただくためには、アイテムや素材によってRenapurの使用頻度を調節する事。
毎日使用する革靴は1週間~10日に1回、鞄は1ヵ月~数ヵ月に1回、家具なら年に数回といった適度なお手入れがおすすめです。
スポンジにRenapurを付けて、余分な量を容器の縁でこそぎ落した後、製品の上で均等に塗広げて下さい。

 

実は「ラナパー」はもともと我が家にもあって、ヨゾラのセルフケアとして2~3ヵ月に1回くらい使っていました。
そのお陰か、ショップの店員さんからは、「半年間毎日使ったとは思えないほどキレイですね!!」と驚かれましたよ。

 

ラナパーは、ソファーや靴も含めた革製品全般に使えるコスパのいい製品。
マザーハウスで公式に使われているので、製品との相性もバッチリのはずですね!
ショップに手入れに行けなくても、ラナパーさえあれば長持ちに一役かってくれるの間違いなしです。

我が家でも使っていますが、薄ーーく伸ばすので、かなり長持ち(笑)。10年位前から買い替えていないかもです。

 

最後にまとめます!

まとめ

 
今回は、マザーハウスのヨゾラについて口コミしてみました。
記事の内容をまとめます。
 

  1. 何しろ軽い!(Lサイズでもたったの800グラム!)
  2. 2wey仕様でショルダーにもリュックにもなる!(しかもチェンジは歩きながらでも!)
  3. シンプルでキレイ目なデザイン!(ハイヒールにもスニーカーにも合う!)
  4. 店頭ケアで一生モノのメンテナンスが可能!
  5. ケアグッズ(ラナパー)があれば自宅で店頭ケアもできちゃう!

 

最後に・・・
今どき、いろいろなものが“消耗品”になり、作ってくれた人への感謝やありがたみって薄れていますよね。

“痛んだら買い替えればいい”

という選択肢もありですが、マザーハウスのバッグは、並々ならぬ情熱をもって作られた製品
マザーハウスの公式ホームページにそのスピリットが書かれていたので引用します。

作っているときの私たちの目標、それは、お客様の心を動かす商品、お客様とともに生きていく商品を作ることです。

おぉ・・・。マザーハウスのバッグは、まさに、一緒に生きる相棒なのですね!

MoyoMoyo

人生100年時代のお供に、ショップかセルフでケアを続けて、末永く愛用してみてはいかがでしょうか(*^^*)


以上、『マザーハウス ヨゾラの口コミ!永く愛用できる軽い革バッグの魅力とは』のお話しでした!

他の記事でも、マザーハウスの財布、ジュエリー、本の口コミや、人生100年のお供になるような健康や家電のお話をたくさん掲載しています。ぜひご覧ください(^▽^)/


\「真昼のワタシ」にフォローいただけたら嬉しいです/
Twitterでは、人生100年現役を目指すワタシが、日々思うことをつぶやいております(^-^)


公式LINEでは、新着情報の他、ブログでは話せないエピソード等をこっそりお届け!(^^)!
友だち追加



人生100年を現役で過ごす野望を持つ、「真昼のワタシ」運営者のアラフィフ現役ワーママMoyoってどんな人?
Moyoのプロフィールはこちら♪