Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る



「人生100年時代っていうけど、健康に暮らすにはどうしたらいいの?」
「病気や介護になると自分の思い通りの生き方はできないの?」

こんにちは!人生100年現役の野望を持つ、

アラフィフ現役ワーママの実体験ブログ真昼のワタシ運営者のMoyoです♪


日頃から、人生100年現役のためにはどうしたらいいんだろうと考えている私。

今回、要介護5で在宅医療を受けている父の介護について勉強するため、区の医師会等が共同で主催した「在宅療養普及啓発講演会」を聴いてきました。

何だか堅い話でつまらなそう!?とお思いかも知れませんが・・・

今回、メインで講演されたのは、首都圏最大級の在宅医療ネットワークの理事長で、全国レベルでも注目の「佐々木淳医師」。

大きなネットワークの理事長って、どんなお年かと思いきや、、、
なんと、1973年生まれ

MoyoMoyo

うわっ、私より年下だ・・・(^^; しかも、話が濃くて素晴らしすぎ!


講演は、しょっぱなからショッキングな話が。

歳をとればだれもが要介護になるし、だれもが認知症にもなる!

在宅医療の話に加え、親の介護待ったなしの世代に向けても、「のため、自分の将来のために、今どうすべきか」の示唆をいただきました。

MoyoMoyo

老後リテラシーが高まる貴重なお話。知らないと損します!


佐々木淳医師から学んだ、私たちが「自分ゴト」として知っておきたい話。ぜひ最後までお読みください。


まず初めに、在宅医療と佐々木淳医師について、簡単にご紹介します。

在宅医療と佐々木淳医師とは?

そもそも、佐々木先生が従事している在宅医療って何のこと?

在宅医療とは、定期的に医師が患者の自宅に来て、体調管理、健康管理のアドバイスや治療を行うものです。

MoyoMoyo

具合が悪い時だけ医師が家に来て診察する「往診」とは少し違いますね。

在宅医療は、人生の終末期に利用されるケースが多く、まだ言葉に馴染みのない人も多いと思います。


医者で理事長って聞くと・・・
個人の事業として開業した、いわゆるお坊ちゃん先生?(失礼!)
かと思いきや、、、

医者として診察を行いながら、日本全国の在宅医療普及に燃えるフロントランナー。

在宅医療は、24時間365日の対応が必要なので、医師の負担が大変重い分野。
しかも、超高齢化社会が進む中、病院のベッド数は増えないため、インフラとして人生100年時代に必須

MoyoMoyo

在宅医療は、私たちの将来に必要なのに、まだ普及していないんです。



佐々木淳医師は、32歳の時、これからの時代には在宅医療が必要と考え、「医療法人社団悠翔会」を設立。

現在、首都圏最大級にネットワークに。

さらに、講演会や、「在宅医療カレッジ」という医療・介護多職種のための学びのプラットフォーム運営等、全国の関係者を巻き込んで在宅医療を広めようと尽力されています。

「在宅医療カレッジ」の内容を掲載した本はこちら。我が家でも購入しました。


「在宅医療実践ガイドブック」という本も買いました。
在宅医療を受けている父の介護に、とても役に立ちそうです。


ツッコミおさるちんツッコミおさるちん

日本全国にうねりを起こしている、すごい先生なんだな。


では、佐々木淳医師が講演で語ってくださった、「人生の最期はどうなるか」についてご説明しましょう。

佐々木淳医師から学ぶ!長生きすると最期はどうなるの?


人生の最期って、考えたくないと目を背ける人が多いと思いますが・・・

どう生きたいかを考えるうえで、知っておきたいコト。

佐々木先生は、3,000人以上の死亡診断書を書いた経験から、理想と現実のギャップを教えてくださいました。

まず、人間の機能はどこから衰えるか。

人間の機能には、次の3つがあります。

  • 身体的機能
  • 社会的機能
  • 精神的機能

身体的機能は20歳をピークにずーっと下がります。
(社会的機能と精神的機能は中高年でも上がりますが、高齢になると下がります)

多くの人は、人生の終末期になると、あらゆる機能が下がった「療養の時期」が訪れます。

その期間は約10年!(長っ)

そして驚きなのが、亡くなり方(;’∀’)

  • 健康のまま老衰のパターンは、全体のたった5%
  • 事故や突発的な病気による突然死15%

80%は「疾病モデル」といって、病気や障がいを抱えて悪くなりながら亡くなっていきます。

そして、疾病モデルのほとんどが「亡くなる前の10年」を病気や障がいとともに生きるのです。

平均寿命は延びて健康寿命も延びたけど、療養の時期が約10年は変わらなかったことを、データでも示してくださいました。

そして、ショッキングなのは、
歳をとればだれもが要介護になり、認知症になる
ということ。

佐々木医師によると、「疾病モデル」で要介護になるのは、実は病気そのものよりも衰弱によることが多く。(これは大事な話なので、また後ほど伝えます!)

また、「認知症」については、脳は長く生きれば必ず認知症になるもの。
つまり、「認知症になれるまで長生きできる」ということだそう。

MoyoMoyo

ががーん Σ(゚д゚lll)

健康→老衰を目指したいけど、現実は、ほとんどの人が病床で過ごしているんですね( ;∀;)


では、最期まで健康に暮らすにはどうしたらいいのか、見てみましょう。

佐々木淳医師から学ぶ!最期まで健康で幸せに暮らすには?


疾病パターンに陥るのは、必然もあれば偶然も多いもの。
自分では防ぎきれない病気も多いですよね。

でも、病気や障がいがあっても、健康的に幸せに生きることは可能、と佐々木先生は言います。

病気や障がいがあっても幸せに生きることは可能!?


例に挙げたのは、宇宙研究で有名なスティーブン・ホーキング博士
彼は、神経の難病ALSを患いながらも、2度も結婚。
世界的に活躍しながら、人生を楽しんでいました。

日本では、病気や障がいの人には「何かあったら大変」と「させない」動きが強すぎるんだそう。


MoyoMoyo

病気であっても、本人が自ら選択した生活や人生を送ることができれば、健康で幸せとも言えるんですね。



もう1つ、佐々木医師の印象に残っている患者さんの例も。

57歳の肝細胞がんの男性は、がんの病院での治療が終了し最終段階に入り・・・

ITの仕事をしている人でしたが、最後まで仕事がしたい!と、3か月かかる仕事を前金で受けて。
やり遂げるため、ホームセンターでベッドや机を買って、在宅医療に切り替えし、亡くなる3日前まで全力で仕事を完成し納品。

亡くなられた後、看取った佐々木先生のもとに、息子さんから手紙が。

「自宅で最後の力を振り絞って仕事をやりきったお父さんの生きざまが、カッコよかった」と。


MoyoMoyo

「こう生きたい」を実現することは、在宅医療の役割でもあるんですね。

病気に隠れて生きるのではなく、「本人が自ら選択した生活や人生を送ること」もできるって、すごく励まされます。


次に、先のパートで触れた「病気そのものよりも怖いこと」の話です。

高齢になってから怖いのは病気よりも衰弱!

怖いのは、病気よりも衰弱だそう。

東大の研究では、10日入院したら7年分老化するとも言われているそうです。

MoyoMoyo

確かに、高齢になって病院に入院すると、入院によって要介護度が悪化するのが常。

(我が家でも、父が入院した際は、衰弱を恐れて、処置が済んだらすぐ退院させたっけ・・・)


高齢者にとって入院リスクが非常に高いことは、家族として知っておきたいこと。
何日も病院にいると、衰弱によって「生きる気力を失う」ことも!

病院の医師は「病気の治療」してくれますが、その後の衰弱までは関与してくれません。